経営理念・CSR

Corporate Philosophy

経営理念

安心・安全・信頼
人と地球にやさしい街づくり、
快適な生活環境を通じて社会に貢献します。

CSR推進に向けて

01

コーポレート・ガバナンス

当社は、地域に密着する企業として、株主、取引先、顧客、従業員、地域社会といったステークホルダーの利益を円滑の調整し、「効率的で透明性の高い企業経営を構築すること」を基本的な考え方としております。また、事業活動を行うにあたっては、当社が制定した「企業倫理規範」を周知徹底させるとともに、積極的なIR活動により適時・適切な経営情報の開示を行っています。

02

コンプライアンス

「法化社会」に対応すべく、当社では、「コンプライアンス・マニュアル」を策定し、全役職員にリーガルマインドの醸成をはかっています。さらに研修等を通じ、コンプライアンス経営の浸透に努力・協力できる体制を構築し、全役職員が法令を遵守することの重要性・必要性を認識しています。

03

リスクマネジメント

企業を取り巻く様々なリスクに対応、さらにはリスクの未然防止および最小化に向けて、当社ではリスクマネジメントの全社的な構築に取り組んでおります。社会から安心・信頼される企業を目指し、社内におけるリスク管理を明確化し、規則規程に基づくリスク管理体制の確立・強化をはかっています。

「和敬隆盛」
関わる皆様との相互調和を大切に

5つの和「調和」

 「和敬隆盛」これは弊社代表の神山が、学校の卒業式の日に先生からのメッセージとして受け取った言葉です。互いに和み、尊敬し合い、助け合って成長すること、そんな意味です。まず和むこと。そして奪い合うのではなく、お先にどうぞという気持ちで接し、互いに成長していくことが大切と思います。
 私たち京阪電気商会を取り巻く「和」は、思えば5つあります。弊社に仕事を依頼してくださる建築主様との和、その建物を使用される施工主様との和、これらの工事を実際に形にしてくれる協力業者様との和、私たちのフィールドそのものである地域との和。そして、これらすべてを繋ぐ要となるのが、京阪電気商会の社員です。

 私たちは常に、これら5つの和に対して積極的に関わり合いを持ち、良好な関係を築きながら、和敬隆盛の精神で成長して参ります。